MUNINをFreeBSDにインストールするメモ

最初はRRDtoolか、Cactiを入れようと思っていたんだけれどMUNINが簡単だよというギガジンだかの記事を見てmuninを入れるに至ったんですが、これがヒジョーーーーに手こずりまして、一番最初に手を出したのが8月のはじめ、しばらく放置してやっとまともに動き出したのが先という状態。
しかもまだMySQLの部分はエラーが残っていたり...orz

一発でインストールに至らなかったので、いろいろとやっている内に何が何だかわからなくなってしまったメモ。(そういうのはメモにならないとも思うのだけれども)




FreeBSD 7.2-RELEASE にパッチをあてたメモ。

前々から気になっていた"初音ミク Project DIVA"の"2nd"の体験版がダウンロードできるということで、やってみたら思いのほかハマったAGGYです。

ただ、基本的に音ゲーが苦手なので本当に楽しめるのか、クリアできるのだろうかと考えるとなかなか購入に踏み切れません。
それに、体験版はロード中に他のSEGAのゲームの広告が表示されるのですが、ファンタシースターポータブル2の広告が表示されるたびに「先にPSp2をクリアしてからにしようか」というキモチにもなります。

ええ、PSp2を先月あたりからやっているんですね。まだレベル50にもなっていませんが(w

でもたぶん買うと思います。アイルーのゲームが期待はずれな感じがするんで。
初音ミクがそうだったように、体験プレイができればまた評価は変わると思うんですがね。

パタポンなんかは体験版がなかったら絶対買ってないですし。

***

以下、エントリータイトルに沿ったメモ。


"hoge.xlsx"を"DL"したら"hoge.zip"になった件

JUGEMテーマ:気になること
 
曰く、
困った時は Microsoft TechNet へ
忘れがちなAGGYです。
ま、今回の件ではあまり役に立たなかったんですがw

IE8にはバグがあるとかないとかで、xmlをzipで固めたものであるOffice2007以降の"xlsx"、"docx"、"pptx"をIEでダウンロードしようとすると拡張子を勝手に"zip"に変更してくれるという余計なコトをしてくれます。

ワタクシの働いている会社では、最近やっと(自分自身も)Office2007環境になりまして、社内ブログでエクセルファイルをDLできるようにしたりしているのが今回の件に引っかかりました。

拡張子をご存知の場合はDL後に変更すればいいだけですが、拡張子なんてものを意識しない仕様でパソコンを使っている人も多く、「カクチョウシ?何それ?」な人も多い。

ってなワケで、Webサーバ側で対応してしまおうということに。
自分でもいちいち拡張子を変更したり、変更の仕方を他の人に教えるのはヒジョーにメンドウなので。

グループにユーザーを追加してディレクトリの所有グループを変えるみたいな・・・

このカテゴリーのエントリー久々すぎると思うAGGYです。
でも、社内LANのサーバなんて安定稼動すれば、いぢることも少ないわけで。

まずは、ユーザーがどのグループに属しているかを確認。
確認するのは、眼鏡とイケメンと俺
# groups megane
megane wheel operator
# groups ikemen
user
# groups aggy
aggy wheel operator
イケメンがuserグループなので、operatorに入れてあげることにスル。
の前に、idでも確認してみよう。
# id megane
uid=1018(megane) gid=1018(megane) groups=1018(megane),0(wheel),5(operator)
# id aggy
uid=1001(aggy) gid=1001(aggy) groups=1001(aggy),0(wheel),5(operator)
# id ikemen
uid=1014(ikemen) gid=1002(user) groups=1002(user)
man で pw を確認したけど、よんでもわからない俺低脳...orz
# pw usermod -n ikemen -G user,operator
-n がユーザー指定、
-G がグループ指定でいいのかなぁ?
# id ikemen
uid=1014(ikemen) gid=1002(user) groups=1002(user),5(operator)
ちゃんと変わったッぽい。
で、いままで入れなかったディレクトリにもアクセスできるように、
# chown -R :operator ディレクトリ
元々wheelだったのをoperatorグループに変更ですよ。
んで確認。
# lf -l
drwxrwxr-x   8 aggy   operator    512  3  9 16:08 ディレクトリ
しゅーりょー。
のハズだったんだけど、なんかWindowsからアクセス出来ないとか言われる。
別のWindowsマシンからはアクセスできるのになんで?


portupgrade の日本語 man ってないんだろうか。

---
任天堂
¥ 2,650
(2006-01-26)
英語が初めてな大人のDSトレーニング えいご漬け
まさに名作
ちょうどセンター試験レベル

英語さっぱりなAGGYです。

先日のこと、phpMyAdmin の最新版を入れたくって portupgrade をする事に。

で、ぐーぐる先生に教えをこうたところコマンドオプションを "-R" にすれば良いかなと勝手に思い込み実行したところ、phpMyAdmin 自体のアップは行われず・・・・。

"-r" が正解だったようで・・・・。
-r
--recursive
                          Act on all those packages depending on the given
                          packages as well.

-R
--upward-recursive
                          Act on all those packages required by the given
                          packages as well. (When specified with -F, fetch
                          recursively, including the brand new, uninstalled
                          ports that an upgraded port requires)
コマンドオプションの一部を日本語で説明してくれていたページがあったんですが、僕の理解力が足りなかったようです。

そんなわけで、これはやはりキチンと man を確認しようと FreeBSD 日本語 man ページを検索してみたのですが該当なし。

jman,jman-doc をインストールして、(半日かけてw)UTF-8 に対応するように jless とか lv もインストールして man を見れる様にしてみても portupgrade は無し。

英語版の man なら普通に出るんですがね。

日本語ドキュメントを作ってくれている人達の偉大さを痛感したのでございます。

あ、とりあえずその後 phpMyAdmin のアップは終わったのです。


portsnap して portupgrade を portupgrade そして postfix を

昨日の続きー、

=~=~=~=~= PuTTY log 2009.05.13 09:46:17 =~=~=~=~=~=
login as: AGGY
Using keyboard-interactive authentication.
Password:



FreeBSD7.2Rにアップしたらメール送信が出来なくなった件

 昨日の作業が無事完了したと思っていたら、サーバからメールが送信されなくなっていた。
ちなみに、サーバではNucleusで新規記事をあげたり、コメントした時にメールが送信されるようにしてある。

メールサーバは、Postfixを使ってるのだけど、maillogを見てもエラーが無いし、psしてもPostfixはちゃんと動いている。

で結局は、cvsup (失敗) → portsnap → portupgrade で一日かけてやっと解決。
作業ログは、今日は絶不調なのでまた後日。

原因は(オイラには)不明。

shutdown -r now

ということで、7.2-RELEASEのインストールが終わったです。
なにせマシンが古いんで4時間ほどかかったw

以下、参考。
FreeBSD 7.2-RELEASE

FreeBSD 7.0-RELEASE,7.1-RELEASE,7.2-BETA,7.2-RC1,7.2-RC2を再構築することなく使っている場合,「freebsd-update upgrade -r 7.2-RELEASE; freebsd-update install; shutdown -r now; freebsd-update install; shutdown -r now」のようにfreebsd-update(8)コマンドを実施することでアップデートできるという旨も発表されています。
ほんとこのまま。
ただ途中に、y とか、vi の使い方がわからないwとか、more をとめるとかが必要なくらい。
そこらへんは以下を参考に。

第3回 freebsd-updateで楽々リリースサーフィン

第1回 7.1-RELEASEの世界へ

7.0から7.2の人は、「7.1-RELEASEの世界へ」の方が良いです。
6.xからの人は上かな?

まずは、無事に終了まで辿り着いてホッとしたッスww
ヘタに動かなくなったりしたら帰れなくなるからね。

*

未だに、cvsup,portsnap,portsupgrade の関係というか使い方がよくわからない・・・・

****

7.x系最新リリース版「FreeBSD 7.2」を試す|X Window Systemの設定


freebsd-update upgrade -r 7.2-RELEASE

中なんですが、

 Fetching 32544 patches.....ってww

どんだけぇー!
ま、7.0からだから?それともそんなもん?

そろそろFreeBSD7.1にしないとなぁ。

ためしに、
#freebsd-update fetch
してみたら、「早く最新版に変更しろ。お前の命はあと3週間しかないぞ。」的なメッセージが・・・・。

実はまだp2だったりするけれども、アップグレードして動かなくなると面倒なんだよな。
外部公開してないサーバだから良いような気もするけど、やっぱ気持ち的に良くないなと。

古っるいマシンだからインストールにもしこたま時間かかるだろうしなぁ。



_ノ乙(、ン、)_





rtfree : 0xc31dbbb8 has 1refs

というエラー(?)が出たがなんだろう?

ググってもよくわからず。


FreeBSD 7.0R でサクッと PHP5 のインストールメモ。(phpMyAdminも)

確かたいした設定はしてないんだな。

# cd /usr/ports/lang/php5
# make install

オプションは以下、
# make showconfig

===> The following configuration options are available for php5-5.2.6:
CLI=on "Build CLI version"
CGI=on "Build CGI version"
APACHE=on "Build Apache module"
DEBUG=off "Enable debug"
SUHOSIN=on "Enable Suhosin protection system (not for jails)"
MULTIBYTE=on "Enable zend multibyte support"
IPV6=on "Enable ipv6 support"
MAILHEAD=off "Enable mail header patch"
REDIRECT=off "Enable force-cgi-redirect support (CGI only)"
DISCARD=off "Enable discard-path support (CGI only)"
FASTCGI=on "Enable fastcgi support (CGI only)"
PATHINFO=on "Enable path-info-check support (CGI only)"
===> Use 'make config' to modify these settings

さっくりしすぎw?

次、phpMyAdmin
# cd /usr/ports/databases/phpmyadmin/
# make install

オプションは以下、
# make showconfig

===> The following configuration options are available for phpMyAdmin-2.11.6:
BZ2=on "bzip2 library support"
GD=on "GD library support"
MYSQLI=on "Improved MySQL support"
OPENSSL=on "OpenSSL support"
PDF=on "PDFlib support (implies GD)"
ZLIB=on "ZLIB support"
MCRYPT=on "MCrypt library support"
MBSTRING=on "Multi-byte character-set string support"
===> Use 'make config' to modify these settings

make install clean をしていないので、make showconfig が出来るんだな。
忘れっぽい俺にはちょうどいい。
clean してしまった Apache などが悔やまれるわー。

FreeBSD 7.0R で Apache-2.0.63 のインストールメモ 其の弐。httpd.conf の設定。

ま、あたりまえだけどこれが無いと動かないということで、

# ee /usr/local/etc/apache2/httpd.conf


Listen 80


LoadModule access_module libexec/apache2/mod_access.so
LoadModule auth_module libexec/apache2/mod_auth.so
LoadModule auth_anon_module libexec/apache2/mod_auth_anon.so
LoadModule auth_dbm_module libexec/apache2/mod_auth_dbm.so
#LoadModule auth_digest_module libexec/apache2/mod_auth_digest.so
#LoadModule file_cache_module libexec/apache2/mod_file_cache.so
LoadModule charset_lite_module libexec/apache2/mod_charset_lite.so
#LoadModule cache_module libexec/apache2/mod_cache.so
#LoadModule disk_cache_module libexec/apache2/mod_disk_cache.so
LoadModule include_module libexec/apache2/mod_include.so
LoadModule deflate_module libexec/apache2/mod_deflate.so
LoadModule log_config_module libexec/apache2/mod_log_config.so
LoadModule logio_module libexec/apache2/mod_logio.so
LoadModule env_module libexec/apache2/mod_env.so
LoadModule mime_magic_module libexec/apache2/mod_mime_magic.so
LoadModule cern_meta_module libexec/apache2/mod_cern_meta.so
LoadModule expires_module libexec/apache2/mod_expires.so
LoadModule headers_module libexec/apache2/mod_headers.so
LoadModule usertrack_module libexec/apache2/mod_usertrack.so
LoadModule unique_id_module libexec/apache2/mod_unique_id.so
LoadModule setenvif_module libexec/apache2/mod_setenvif.so

LoadModule ssl_module libexec/apache2/mod_ssl.so

LoadModule mime_module libexec/apache2/mod_mime.so
#LoadModule dav_module libexec/apache2/mod_dav.so
LoadModule status_module libexec/apache2/mod_status.so
LoadModule autoindex_module libexec/apache2/mod_autoindex.so
LoadModule asis_module libexec/apache2/mod_asis.so
LoadModule info_module libexec/apache2/mod_info.so
LoadModule cgi_module libexec/apache2/mod_cgi.so
#LoadModule dav_fs_module libexec/apache2/mod_dav_fs.so
LoadModule vhost_alias_module libexec/apache2/mod_vhost_alias.so
LoadModule negotiation_module libexec/apache2/mod_negotiation.so
LoadModule dir_module libexec/apache2/mod_dir.so
LoadModule imap_module libexec/apache2/mod_imap.so
LoadModule actions_module libexec/apache2/mod_actions.so
LoadModule speling_module libexec/apache2/mod_speling.so
LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
LoadModule alias_module libexec/apache2/mod_alias.so
LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so


ServerAdmin aggy@example.co.jp


#ServerName www.example.com:80 サーバネームは利用目的まんまだわw
ServerName samba:80

#ドキュメントルートもデフォルトのまま
DocumentRoot "/usr/local/www/data"

# Nucleusをインストールしたのでindex.phpを追加したはず
DirectoryIndex index.php index.html index.html.var

#逆引きはしたいけれど、マスィーンが泣くと思う
HostnameLookups Off

#昔(?)は/var/log/apache/access-とかerrorとかではなかっただろうか?これもデフォルト。
ErrorLog /var/log/httpd-error.log

# alert, emerg.
# apachectl restart で再起動できない時があるので変えた方がよさそう。まだやってないけど。
LogLevel warn

#
# The following directives define some format nicknames for use with
# a CustomLog directive (see below).
#
LogFormat "%h %l %u %t ¥"%r¥" %>s %b ¥"%{Referer}i¥" ¥"%{User-Agent}i¥"" combined
LogFormat "%h %l %u %t ¥"%r¥" %>s %b" common
LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer
LogFormat "%{User-agent}i" agent

# CGIはここだったか・・・
ScriptAlias /cgi-bin/ "/usr/local/www/cgi-bin/"

# ジャパンを先頭に
LanguagePriority ja en ca cs da de el eo es et fr he hr it ko ltz nl nn no pl pt pt-BR ru sv zh-CN zh-TW

#
# Commonly used filename extensions to character sets. You probably
# want to avoid clashes with the language extensions, unless you
# are good at carefully testing your setup after each change.
# See http://www.iana.org/assignments/character-sets for the
# official list of charset names and their respective RFCs.
#
AddCharset UTF-8.utf8
AddCharset ISO-2022-JP .iso2022-jp .jis
AddCharset ISO-8859-1 .iso8859-1 .latin1
AddCharset ISO-8859-2 .iso8859-2 .latin2 .cen
AddCharset ISO-8859-3 .iso8859-3 .latin3
AddCharset ISO-8859-4 .iso8859-4 .latin4
AddCharset ISO-8859-5 .iso8859-5 .latin5 .cyr .iso-ru
AddCharset ISO-8859-6 .iso8859-6 .latin6 .arb
AddCharset ISO-8859-7 .iso8859-7 .latin7 .grk
AddCharset ISO-8859-8 .iso8859-8 .latin8 .heb
AddCharset ISO-8859-9 .iso8859-9 .latin9 .trk
AddCharset ISO-2022-KR .iso2022-kr .kis
AddCharset ISO-2022-CN .iso2022-cn .cis
AddCharset Big5 .Big5 .big5
# For russian, more than one charset is used (depends on client, mostly):
AddCharset WINDOWS-1251 .cp-1251 .win-1251
AddCharset CP866 .cp866
AddCharset KOI8-r .koi8-r .koi8-ru
AddCharset KOI8-ru .koi8-uk .ua
AddCharset ISO-10646-UCS-2 .ucs2
AddCharset ISO-10646-UCS-4 .ucs4

# The set below does not map to a specific (iso) standard
# but works on a fairly wide range of browsers. Note that
# capitalization actually matters (it should not, but it
# does for some browsers).
#
# See http://www.iana.org/assignments/character-sets
# for a list of sorts. But browsers support few.
#
AddCharset utf-8 .utf8
AddCharset EUC-JP .euc-jp
AddCharset shift_jis .sjis
AddCharset GB2312 .gb2312 .gb
AddCharset utf-7 .utf7
AddCharset big5 .big5 .b5
AddCharset EUC-TW .euc-tw
AddCharset EUC-KR .euc-kr

あとから、php をインストールしてるので何か変わってるかもしれない。
Nucleus で社内ブログをおったてたので文字コード関係は UTF-8 を先頭に持ってきていたりする。
これもかなりてこずったけど、もうなんか記憶があいまいw
Windowsなんとかも追加したような、もともとあったような・・・?



# ee /etc/rc.conf

# -- sysinstall generated deltas -- # Fri May 30 20:58:36 2008
# Created: Fri May 30 20:58:36 2008
# Enable network daemons for user convenience.
# Please make all changes to this file, not to /etc/defaults/rc.conf.
# This file now contains just the overrides from /etc/defaults/rc.conf.
# hostname="samba.server"
# ifconfig_fxp0="DHCP"
keymap="jp.106"
linux_enable="YES"
moused_enable="NO"
moused_port="/dev/cuad0"
moused_type="auto"
sshd_enable="YES"
samba_enable="YES"
apache2_enable="YES"
# -- sysinstall generated deltas -- # Wed Jun 25 16:27:06 2008
ntpdate_flags="ntp.jst.mfeed.ad.jp"
ntpdate_enable="YES"
inetd_enable="YES"

apache2_enable="YES"を追加。
reboot時に立ち上がらなくて調べたら、enable の綴りを間違っててガックリきたw


FreeBSD 7.0R で Apache-2.0.63 のインストールメモ。

つーことで、実は Samba をインストールした後に
「swat がうごかねー!」
とか色々いぢくって Apache22 をインストールしてみた後、
「やっぱ22系はよくわかんね?」(20系でも13系でもわかんないんだけどw)
ということで22をなんとなくアンイストール(make deinstall:でも make clean したら deinstall できなくなるような・・・?)した後のApache-2.0.63 のインストールメモ。

# cd /usr/ports/www/apache20
# make install clean


To enable a module category: WITH__MODULES
To disable a module category: WITHOUT__MODULES

Per default categories are:
AUTH DAV MISC
Categories available:
AUTH DAV EXPERIMENTAL LDAP MISC PROXY SSL SUEXEC THREADS

To see all available knobs, type make show-options
To see all modules in different categories, type make show-categories
You can check your modules configuration by using make show-modules

(中略)

Installing man pages and online manual
mkdir /usr/local/share/doc/apache2
Installing build system files

To run apache www server from startup, add apache2_enable="YES"
in your /etc/rc.conf. Extra options can be found in startup script.
===> Installing rc.d startup script(s)
===> Compressing manual pages for apache-2.0.63
===> Running ldconfig
/sbin/ldconfig -m /usr/local/lib/apache2
===> Installing ldconfig configuration file
===> Registering installation for apache-2.0.63
===> SECURITY REPORT:
This port has installed the following files which may act as network
servers and may therefore pose a remote security risk to the system.
/usr/local/lib/apache2/libapr-0.so.9

This port has installed the following startup scripts which may cause
these network services to be started at boot time.
/usr/local/etc/rc.d/apache2

If there are vulnerabilities in these programs there may be a security
risk to the system. FreeBSD makes no guarantee about the security of
ports included in the Ports Collection. Please type 'make deinstall'
to deinstall the port if this is a concern.

For more information, and contact details about the security
status of this software, see the following webpage:
http://httpd.apache.org/
===> Cleaning for apache-2.0.63

# pkg_info | grep apache
apache-2.0.63 Version 2 of Apache web server with prefork MPM.

ということで無事(?)に Apache もインストールできた。

FreeBSD 7.0R で Samba3.0.28 のインストールメモ、その参。ユーザーをファイルから一括登録するの巻。

前回の続き(かなりあいまいな記憶だけれども)
面倒なことが大嫌いな性質なので、sambaを利用するユーザーも一括登録できたら便利だよなーということで、

確か、adduser の man に書いてあったようにユーザー一覧ファイルを作成して読み込むことができるんだよ。ということで次のようなファイルを作る。
# ee /usr/home/userfile

hoge1::1002::::HogeTaro::nologin:Password1
hoge2::1002::::HogeJiro::nologin:Password2
hoge3::1002::::HogeSbro::nologin:Password3
hoge4::1002::::HogeSiro::nologin:Password4

で出来たら、-f オプションで読み込むのだ。
# adduser -f /usr/home/userfile

adduser: INFO: Successfully added (hoge1) to the user database.
adduser: INFO: Successfully added (hoge2) to the user database.
adduser: INFO: Successfully added (hoge3) to the user database.
adduser: INFO: Successfully added (hoge4) to the user database.

しかし、これユーザーデータベースには反映されても、グループデータベースには反映されないんだなー!
# less /etc/group

グループDBの確認しても見えないね。
なんでだろう?

とりあえず、確認
samba# ls -falF /home/

total 44
drwxr-xr-x 21 root wheel 512 Jun 27 15:35 ./
drwxr-xr-x 18 root wheel 512 May 30 14:32 ../
drwxr-xr-x 2 hoge1 user 512 Jun 27 15:09 hoge1/
drwxr-xr-x 2 hoge2 user 512 Jun 27 15:34 hoge2/
drwxr-xr-x 2 hoge3 user 512 Jun 27 15:35 hoge3/
drwxr-xr-x 2 hoge4 user 512 Jun 27 15:20 hoge3/

drwxrwxrwx 4 root wheel 512 Jun 27 14:20 share/

-rw-r--r-- 1 root wheel 786 Jun 27 15:34 userfile

このようにユーザディレクトリも出来ました。


FreeBSD 7.0R で Samba3.0.28 のインストールメモ、その弐。

☆inetdをインストールしてないとswatは動かないんだよ。

もうずいぶんと昔のネタの続きで忘れかけてるAGGYです。
そんなことではいけないと思うので続き。
※注意:このブログを参考にする人はいないと思うけど、参考にしようとしている奇特な方へ。まちがって設定した部分も載せているので最後の方まで良くお読みください。尚、それでもまちがってる場合も充分あります。

swatが起動できなくてネットをさまよってしばらく・・・
何処かで☆のサブタイのようなことを見かけた
(たぶん:http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.0/htmldocs/swat.8.html)。

「嗚呼・・・、OSのインストール時に使わないと思って入れなかった・・。

んなわけで、この情報を見つけるまでに、

「Apacheが入ってないからswatも動かないんじゃね?」

とか、知ってる人から見たらアホなことを考えてApacheのインストールとかもしてみたり(^^;

しつつ今回は、inetd のインストールメモ。
samba# sysinstall

Configure -> Networking -> inetd

とすすんでチェックを入れしばし待つとインストール完了。
samba# less /etc/rc.conf

hostname="samba.server"
ifconfig_fxp0="DHCP"
keymap="jp.106"
linux_enable="YES"
moused_enable="NO"
moused_port="/dev/cuad0"
moused_type="auto"
sshd_enable="YES"
samba_enable="YES"
apache22_enable="YES"

# -- sysinstall generated deltas -- # Wed Jun 25 16:27:06 2008

ntpdate_flags="ntp.jst.mfeed.ad.jp"
ntpdate_enable="YES"

inetd_enable="YES"

と最終行のように!

で、inetd の設定を、
# ee /etc/inetd.conf

ssh stream tcp nowait root /usr/sbin/sshdsshd -i -4

swat stream tcp nowait/400root /usr/local/sbin/swat swat

としたんだけれど、この後 login 待ちの画面で、
inetd[982]: ssh/tcp: bind: Address already in use
inetd[982]: ssh/tcp: bind: Address already in use
inetd[982]: ssh/tcp: bind: Address already in use
inetd[982]: ssh/tcp: bind: Address already in use



というメッセージが画面いっぱいに、
調べると、sshの重複起動が原因だということ。
OSのインストール時にSSHを使うという設定にしたので、まず etc/rc.conf に、
sshd_enable="YES"

が書き込まれ、後で swat を起動させる為に inetd を追加インストールして rc.conf に、
inetd_enable="YES"

が追加で書き込まれた。
この後、etc/inetd.conf の swat をコメントの解除をした際に ssh もコメント解除したのが余計だったのだス。
で結局、
samba# ee /etc/inetd.conf

ssh stream tcp nowait root /usr/sbin/sshdsshd -i -4

 ↓

#ssh stream tcp nowait root /usr/sbin/sshdsshd -i -4

というのが正解。

そんなこんなで、とりあえず swat は無事に使えるようになったんですが、設定画面で更新後に文字化けが発生するという問題があってユーザー登録の為だけに利用とか(~□~;)

一度は swat で smb.conf を設定したけど、うまくいかなくてデフォルトを上書きして直接編集してしまいましたw

つづきは参考リンク、


FreeBSD 7.0R で Samba3.0.28 のインストールメモ。

まずは準備として、libiconvが入っているかを確認。
 > pkg_info | grep libiconv
 libiconv-1.11_1 A character set conversion library

入ってます。

次、EUC-JP-MSが有効になってるか?
 > iconv -l | grep EUC
 EUC-JP EUCJP EXTENDED_UNIX_CODE_PACKED_FORMAT_FOR_JAPANESE CSEUCPKDFMTJAPANESE
 CN-GB EUC-CN EUCCN GB2312 CSGB2312
 EUC-TW EUCTW CSEUCTW
 EUC-KR EUCKR ISO-IR-149 KOREAN KSC_5601 KS_C_5601-1987 KS_C_5601-1989 CSEUCKR  CSKSC56011987
 EUC-JISX0213
 >

ありません。

なので有効にする、
のだが portuograde が使えない状態なのでそちらを先にインストール。
 # cd /usr/ports/port-mgmt/portupgrade
 # make install

完了。次、
 # /usr/local/sbin/portupgrade -f -M WITH_EXTRA_PATCHES=yes libiconv-1.11_1
(先で確認したlibiconvのバージョン)

インストール完了後にチェック。
 # iconv -l | grep EUC
 EUC-JP EUCJP EXTENDED_UNIX_CODE_PACKED_FORMAT_FOR_JAPANESE CSEUCPKDFMTJAPANESE
 EUC-JP-MS EUCJP-MS EUCJP-WIN EUCJPMS
 CN-GB EUC-CN EUCCN GB2312 CSGB2312
 EUC-TW EUCTW CSEUCTW
 EUC-KR EUCKR ISO-IR-149 KOREAN KSC_5601 KS_C_5601-1987 KS_C_5601-1989 CSEUCKR  CSKSC56011987
 EUC-JISX0213

これで、EUC-JP-MS が有効になった。

*

次は samba 3.0.28 のインストール。
 # cd /usr/ports/japanese/samba3/
 # make install clean

かなりの時間を要してインストール完了。

次に smb.conf の設定。(ベタ)
 # ee /usr/local/etc/smb.conf

 [global]
  workgroup = WORKGROUP
  hosts allow = 192.168.1. 127.

とりあえずいぢったのは上記2箇所。

次に、マシンの起動と同時に samba を起動する設定。
 # ee /etc/rc.conf

 samba_enable="YES"

を追加。
samba起動?(# /usr/local/etc/rc.d/samba start)

で、Windowsのマイネットワークからsambaが見えるようにはなった。

しかし、swatが使えない・・・。


つづく

FreeBSD 7.0-RELEASE i386 インストールのメモ。

(もう、インストールから1週間以上は経過してるんだけど・・・)

今まで使っていたSMBサーバがお亡くなりになった(前々からファンが故障していて、それに起因したからくるディスクエラーと思われる。fsckした後KernelPanic->マシンを交換したほうがよさそうだという展開)のでホスティングサーバと同じFreeBSDを使ってみることにした。

今まではリナックスマガジン(2003-07号)の付録で付いてきたRedhat Linux 9をPentium450MHzのメモリ192MBという構成の昔のサーバマシンでSambaを使ったファイルサーバとして運用してきたのだけど。

FreeBSDは5.4RをノートPCに遊びでインストールしてみたことがあるけど、標準でLANポートもなけりゃCPUはPentium350MHz、メモリは128MBくらいでは実際にはほとんど使えなくてホコリまみれにしてしまった・・・。

で、今回こそはというこでさらに入れるんなら最新版をということで、

FreeBSD 7.0-RELEASE i386 をインストール。

以前、ニュースで7.0Rは性能大幅アップとか書いてあったし...
(しかし、この時これが苦難の道のりになるとは思いもしなかったのであったw)

インストールの環境は、
FMV C5/1007
・Intel(R) Pentium(R)III 1GHz
・チップセット Intel社製 810E Chipset+ディスプレイキャッシュ4MB
・システムバスクロック 133MHz (*1)
・キャッシュメモリ 1次 32KB(CPU内蔵)
・2次 256KB(CPU内蔵)
・メインメモリ 512MB(SDRAM-DIMM、PC100対応)
・グラフィックアクセラレータ Intel社製 82810E (AGP) VRAM 9〜12MB

しょぼ・・・w

まず、
http://torrents.freebsd.org:8080/

から、i386用のbootonly、disc1,2,3をダウンロード。
(docsとlivefsはよくわからないので省略。にしてもBitTorrent遅すぎる・・・)

各CD-ROMを作成して、BootOnlyのCDを起動。

読み込みが始まり待っていると、Country Selection
110 Japan

を選択してOK。

System Console Keymapは、
Japanese 106

次に、FreeBSD/i386 7.0-RELEASE - sysinstall Main Menuで、
Standard

次にDiskをどうする?みたいなMessageが表示されるがよくわからないwので、
OK

さらにWARNING画面で、
OK

すると、FDISK Partition Editorに画面が切り替わる。
現状のディスクサイズが表示される。

Offset   Size(ST)  End     Name  PType   Desc      Subtype  Flags
    0     63     62    -     12     unused    0
    63  60018777  60018839  ad0s1     4  NTFS/HPFS/QNX    7
60018840  60018840  120037679  ad0s2  extended    DOS, LBA    15
120037680   23184  120060863    -     12     unused    0

[F1]でhelpというんで開いてみたけど(あたりまえだが)すべて英語で萎える。
とりあえず、
D = Delete Slice

を3回ほどすると、

Offset Size(ST) End Name PType Desc Subtype Flags
0 120060864 120060863 - 12 unused 0

となったので
Q = Finish

して、メッセージが表示されたのでOKで進むと、FreeBSD Disklabel Editorが、

Part Mount Size Newfs Part Mount Size Newfs
---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

という表示で、とりあえず、
C = CREATE

を押したらいきなり再起動されてしまった!?w

どうも手順を間違ったらしいw...orz

はじめに戻ったので、FDISK Partition Editor まで進み、

Offset Size(ST) End Name PType Desc Subtype Flags
0 120060864 120060863 - 12 unused 0


A = Use Entire Disk

すると、

Offset Size(ST) End Name PType Desc Subtype Flags
0 63 62 - 12 unused 0
63 120053682 120053744 ad0s1 8 freebsd 165
120053745 7119 120060863 - 12 unused 0

という表示になったので、再度
Q = Finish

次に、Install Boot Manager for drive ad0?の画面で、
BootMgr Install the FreeBSD Boot Manager

を選んでOK→OKすると、FreeBSD Disklabel Editorになったので、ここでも
C = Create

でOKしたら、FSとSwapという表示になったので一旦キャンセル→Google先生に質問したところ、
A = Defaults

「でいいじゃね?」という結果、

Part Mount Size Newfs Part
---- ---- ---- ---- ----
ad0s1a / 512MB UFS2 Y
ad0s1b swap 988MB SWAP
ad0s1d /var 1518MB UFS2+S Y
ad0s1e /tmp 512MB UFS2+S Y
ad0s1f /usr 55089MB UFS2+S Y

に。
あれ?ad0s1cってないの?という疑問は沸いたが、
Q = Finish

次に、Choose Distributionsということで、Allでいいような気もしたけど、
5 X-Developer

を選択。
ALLはいらんもんまで入ってそうな感じがあったのと今までXを使ったことがほとんどないので使ってみたかった→GUI環境で設定をしたかったのとその他を選ぶ勇気(?)が無いというのが理由。

そして、User Confirmation Requested を Yes でタブで OK→Choose Installation Media は、
CD/DVD

でOKすると、"Last Chance!"とか表示されるけどここも"Yes"で進んでインストールが始まる

はずと思っていたんだけど!

はじまらねー!

どうもbootのCDは読み込んでいるのにその後の設定が悪いのかCD/DVDドライブが悪いのか読めないというメッセージが出て一向にすすまない!

1時間以上あれこれした挙句、FTPでインストールすることに。

作ったCD-ROMは無駄・・・。

BootのCDなんてMD5も合ってたけど何か悪いのかと思って2枚も作ったし・・・。

世の中はうまくいかないのだ。

まぁしかし、日本のFTPサーバは速くて(1Mちかく出てる)いいね。

「インターネッツってほんと素晴らしいですね(^_^)」と思った。
(水野先生のご冥福をお祈りします。)

FTPインストールが始まる前にネットワーク関係の設定を聞かれるので、
IPv6 = 使わない
DHCP = ルーターからアドレスを貰うので使う
host = マシンのお名前「samba_server」・・・(--;
Gatewey? No
inetd? No (※後日YESに。swatが使えなかった原因w)
SSH? Yes
FTP? No
anonymous FTP? No
NFS server No
NFS client No
System console settings? No
time zone now? Yes -> UTC? No -> 5 ASIA -> 18 Japan JST Yes
Linux binary compatibility? Yes
 -> Japan : ftp.jp.freebsd.org -> Yes -> now? Yes

ダウンロード開始!
mouse? Yes -> 2 Enable

マウスカーソル動かず・・・
collection now? Yes
 -> editors -> aee-2.2.15b -> Install

Japanのftpサーバを選んでダウンロード
add any initial user account Yes
 -> User -> aggy MemberGroup wheel,operator

root password ******** (2回)

last options? No

X Exit Install

The system will reboot Yes

で、とりあえずインストール完了。
すごい時間かかってるYO

**

次、portsを最新にするための設定。
# sysinstall
-> Configure ->Packages -> FTP ->

ftp.jpに接続
net -> cvsup-without-gui-16.1h_3

ftp.jpに接続
rehash /*コマンドを通すための呪文
# cd /usr/ports/sysutils/fastest_cvsup
# make install clean

オプションは選択せずにOK

とりあえず
#rehash
#fastest_cvsup -c jp
>> Speed Daemons:
- 1st: cvsup6.jp.freebsd.org
- 2nd: cvsup3.jp.freebsd.org
- 3rd: cvsup2.jp.freebsd.org
# cp /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile /etc
# ee /etc/ports-supfile

portsを取ってくるためのサーバーを指定(eeはエディタ。vi嫌いwわからない..orz)
*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org

となっている部分を
*default host=cvsup6.jp.FreeBSD.org

に変更。

不要なportsを同期しない設定は
# mkdir /usr/sup
# ee /usr/sup/refuse

ports/arabic
ports/chinese
ports/french
ports/german
ports/hebrew
ports/hungarian
ports/korean
ports/polish
ports/portuguese
ports/russian
ports/ukrainian
ports/vietnamese

そしてリンク作成("etc/ports-supfile"の"*default base=/var/db"なので一応)
# ln -s /usr/sup/refuse /var/db/sup/refuse

で、此処まではきたもの・・
未だ

X が起動しなーい!

swat が使えなーい!(sambaの)

という状態で困っていたり...オウオウ

OpenSSHのデフォルト設定



前回からの続き。



SSH接続できない理由は、OpenSSHのバージョンアップに伴うバイナリの標準動作の変更があったからだった。



借りているホスティング側で基本的にOpenSSHのバージョンアップは行うのだが、sshd_configを借り手カスタマイズしている場合には、sshd_configファイルは変更されない。



OpenSSHのバージョンアップに伴い、以下を変更しておかなければならなかったのだ。



----------------------------------------
 /etc/ssh/sshd_config



 #PasswordAuthentication yes
       ↓ 
 PasswordAuthentication yes



----------------------------------------



コメントアウトをはずしておかなければならなかったらしい。



....orz



今回の件で少し勉強になった。



というのも、



設定を見直す中で、sshd_configファイルの設定のほとんどが"#"コメントアウトされているのに、なぜ接続できる(できた)んだろうと不思議だったのだ。



調べてみれば何のことはない。



設定ファイル(sshd_config)があれば、OpenSSHをインストールするだけでSSH接続できるようになるのだ。



さらに自分なりに設定したければ、sshd_configをいぢればいいという、たぶんちゃんと知っている人には常識と思われることを今まで私は知らなかったのだ。



で、



OpenSSHインストール時のデフォルト設定を知りたいと思ったんだがその記述がどこにあるのか分からない(^^;



たぶん、
sshd_configを読んでいくと、デフォルトでYesとかNoとかの説明部分はコメントアウトしていれば、そのデフォルトが適用されていて、YesNoの記述がない項目はそのままで設定されていると理解すればいいのだと思ってみることにする。



こちら、http://www.koka-in.org/~haruyama/ssh_koka-in_org/0/25.html が参考になった。



   

      Index:
      [Article Count Order]
      [Thread]
   

   
   

       
Date: Wed, 3 Jul 2002 14:54:32 -0400
From: Yusuke Shinyama <yusuke@cs.nyu.edu>
Subject: [ssh:00025] unreliable sshd_config (Re: アップデートについて)
To: ssh@koka-in.org
Message-Id: <20020703145432.A24947%yusuke@cs.nyu.edu>
In-Reply-To: <20020703133632.A24847%yusuke@cs.nyu.edu>
References: <200207031458.g63EwOlr001084@smtp21.mf.home.ne.jp>
<20020703133632.A24847%yusuke@cs.nyu.edu>

X-Mail-Count: 00025


そういえばアップデートの話で思い出したのですが、
デフォルトで配布されている sshd_config ファイルは誤解を招きやすいと思います。
sshd_config もバージョンが上がるごとに変わっていますが、
このファイルには以下のような人を混乱させる特徴があります:

(本当はこれはopenssh-devの人々に言うべき話題なんで、以下は叩き台という感じで
書いています。時間があったらあっちに話をふってみようと考えています)

1. 明示的に書かれている設定項目、コメントで書かれている設定項目、そして
   書かれていない設定項目がある

  2.9p1 までのデフォルトの sshd_config では、
  多くの設定項目が明示的に指定されていたが、いくつかの設定項目は
  コメントアウトされて書かれていた。しかし、まったくどこにも書かれていない
  設定項目 (GatewayPorts など) もあった。
  3.0.1p1 以降は sshd_config はすべてコメントアウトになっているが、
  あいかわらず GatewayPorts などはコメントでも書かれていない。
  いっぽう、クライアントの ssh_config は昔からすべてコメントアウトになっている。

2. sshd_config ですべてを指定しなくても sshd は動作する

  sshd_config で指定されていない設定項目 (3.0.1p1 以降のデフォルトでは、すべて) には、
  「sshd 埋め込み」の設定が使用される。これは openssh/servconf.c のコード中に
  ハードコーディングされている設定で、sshd_config だけを見てもこの内容すべては
  わからない (なぜなら 1. で述べたように、すべての項目が sshd_config に
  書かれているわけではないから)。

  しかも、このハードコーディングされている設定はバージョンアップごとに変わっている。
  デフォルトで配布される「コメントつき sshd_config」をちょっといじって使っている人間にとっては、
  SSH をアップデートした際、いままでは気にもしていなかった部分が勝手に変わられるのは迷惑だ。
  しかし、この変更内容を追うにはリリースノートを見るか、
  manページ(manページにはほとんどの設定項目のデフォルト値が書いてある) の diff をとるか、
  servconf.c の diff を取って解析するか、のいずれかをしなければならない。
  これは苦痛である。

3. デフォルトの sshd_config のコメントが間違っている場合がある

  現在のデフォルト sshd_config では、コメントアウトされた項目に sshd の
  デフォルト設定値が書かれているらしい。たとえば KerberosAuthentication なら、

    # Kerberos options
    #KerberosAuthentication no

  などのようになっている。これはコメントなので、実際にはこの値は参照されず、
  KerberosAuthentication を指定しない場合のふるまいは openssh/servconf.c に
  あるハードコーディングされている設定によって決められることになる。
  が、ユーザはふつうそんな細部までは見ないので、このコメントを信用することになる。
  しかしこのコメントは正しくない場合がある。
  たとえば 3.0.1p1 の sshd_config では

    #KerberosAuthentication no

  と書かれていたが、servconf.c をみてみると KerberosAuthentication について
  何も指定されなかった場合、keyfile が存在するときは自動的にこの値が yes になるように
  書かれている。これを反映してか、3.1p1 では

    # KerberosAuthentication automatically enabled if keyfile exists
    #KerberosAuthentication yes

  というただしがきがついている。ちなみに 3.3p1 からは完全に

    #KerberosAuthentication no

  になり、servconf.c の中でもこの自動判定のコードは削除された。
  デフォルトはつねに KerberosAuthentication no である。
  しかし sshd_config とハードコーディングな設定の一致が保証されたわけではない。


で、ぼくの個人的意見としては、以上のような混乱はそもそも
servconf.c にハードコーディングされた設定などというものが存在しているから
悪いんであって、以下のように改善すれば混乱はなくなると思います:

  a. sshd の設定はすべて sshd_config に書かれた値のみに従うことにする。
     servconf.c に設定をハードコーディングするということはしない。

  b. sshd_config には sshd の設定項目すべてが書かれていなければならない。
     ひとつでも足りなかった場合や(重複できない項目が)重複していた場合、
     sshd は起動しないようにする。
     (どのみちいまでも sshd_config がなければ sshd は起動しないのに、
      その内容はぜんぶコメントでもいい、というのは変です)

  c. OpenSSH パッケージではすべての「デフォルト設定」が明示的に書かれた
     sshd_config ファイルを配布する。
     そうすればデフォルト設定が変わったときに、sshd_config のdiffをとるだけで
     どの設定項目が変わったのかを確実に知ることができる。

これはたぶん批判がある提案だろうとは思いますが、
最近の openssh 設定の変わりかたを見ると、これくらい厳格になっても
いいような気がするのですが、どうでしょうか。

Yusuke

   


と、



Date: Thu, 04 Jul 2002 04:32:08 +0900
From: NISHI Takao <zophos@Dadd9.com>
Subject: [ssh:00026] Re: unreliable sshd_config (Re: アップデートについて)
To: ssh@koka-in.org
Message-Id: <m3wusck3pj.wl@sizz.Dadd9.com>
In-Reply-To: <20020703145432.A24947%yusuke@cs.nyu.edu>
References: <200207031458.g63EwOlr001084@smtp21.mf.home.ne.jp> <20020703133632.A24847%yusuke@cs.nyu.edu> <20020703145432.A24947%yusuke@cs.nyu.edu>
X-Mail-Count: 00026


にし@おかやまです。



At Wed, 3 Jul 2002 14:54:32 -0400,
Yusuke Shinyama wrote:



>   a. sshd の設定はすべて sshd_config に書かれた値のみに従うことにする。
>      servconf.c に設定をハードコーディングするということはしない。
>
>   b. sshd_config には sshd の設定項目すべてが書かれていなければならない。
>      ひとつでも足りなかった場合や(重複できない項目が)重複していた場合、
>      sshd は起動しないようにする。
>      (どのみちいまでも sshd_config がなければ sshd は起動しないのに、
>       その内容はぜんぶコメントでもいい、というのは変です)
>
>   c. OpenSSH パッケージではすべての「デフォルト設定」が明示的に書かれた
>      sshd_config ファイルを配布する。
>      そうすればデフォルト設定が変わったときに、sshd_config のdiffをとるだけで
>      どの設定項目が変わったのかを確実に知ることができる。
>
> これはたぶん批判がある提案だろうとは思いますが、
> 最近の openssh 設定の変わりかたを見ると、これくらい厳格になっても
> いいような気がするのですが、どうでしょうか。



c.については同感ですが,a.とb.をやっちゃうと,sshdをルータなどの機器に組
込みたい場合などに,不要なエントリを削ってディスク(あるいはROM)容量を節
約するといったことが不可能になりますのでちょっと抵抗を覚えます。



わたしはservconf.h(もしくは専用のヘッダファイル)でデフォルト値をdefineし
ておいて,make時にその値を元にデフォルトのsshd_configを動的に生成するよ
うにすれば,デフォルト値の明示という問題は解決できるように思います。


はあ、なるほどなるほど(わかってない)



まあ、そんなこんなでSSH接続は復旧しましたとさ。



****



memo







ユーザーの追加とユーザー名の変更

Windows XP Professionalクライアントが一台増えたので、Linuxのファイルサーバーにもユーザー登録した。




はじめ、Windows XP Professionalの設定をして次にLinuxのユーザー追加をしたのだが、ユーザー名にドット"."が使えないことがわかってLinux側の登録ユーザー名をドットなしに変更した。

そしてSambaのユーザー登録をてLinux側は終了。


Windowsのログインだけで、Linux-Sambaサーバーにアクセスするために、Windows側のユーザー名を「コントロールパネルのユーザーアカウント」から変更した。


しかし、Windows側のユーザー名の変更をしたのにLinux-Sambaサーバーにアクセスするとログイン名とパスワードの入力を求められる。

また、起動時のログインダイアログのログイン名も変更前のドットがついた状態で表示される。


試しにそのままパスワードを入力してOKしたら、古いログイン名のままでもログインできてしまった!?


「おんやぁ?」と思い調べると、


アカウントの名前を変更するために、ユーザー アカウントを使用した後に、古い名を使って、 Windows XP でのコンピュータにログオンできます。

http://support.microsoft.com/kb/897083/ja (Microsoft Support Online)


というのを発見。

これに、「コンピュータの管理」画面からユーザー名を変更せよとありました。


で、設定完了。


ちゃんと、古いユーザー名でのログインはできなくなり、Linux-Sambaサーバーにはそのまま入れるようになりました。


「コンピュータの管理」はすっかり失念してました。

Windows 2000 ではユーザー管理といえばここだったはずなのに・・・orz。


今日のコマンド。


[root@linux_samba root]# useradd -p abcd1234 -d /home/aggy.f aggy.f

useradd: invalid user name 'aggy.f'

[root@linux_samba root]# useradd -p abcd1234 -d /home/aggyf aggyf


useradd: invalid user name 'aggyf'

[root@linux_samba root]# cat /etc/passwd


パスワードを間違えたので再設定。


[root@linux_samba root]# passwd aggyf

Changing password for user aggyf.

New password:

Retype new password:

passwd: all authentication tokens updated successfully.


参考


ユーザーアカウントとリソースアクセスの管理

(Red Hat EL 4: システム管理入門ガイド)

http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/admin-guide/s1-acctsgrps-rhlspec.html




Windows XP で自動ログオンを有効にする方法

http://support.microsoft.com/kb/315231/ja  (Microsoft Support Online)




ログオンダイアログにユーザー名を表示させない


(Windows XPスマートチューニング)

http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/017/



メリット満載、ライセンス購入



所有者・グループ・パーミッションの変更。

所有者の変更
    # chown なまえ ディレクトリ(or ファイル名)



グループの変更
    # chgrp グループ ディレクトリ(or ファイル名)



パーミッションの変更
    # chmod 数字(777とか) ディレクトリ(or ファイル名)



たまにしか触らないと忘れてしまう。





SSH ATTACK

最近のSSHアタックはひどい。

日本人苗字の辞書でくるのでユーザー名が通ったりして気分が悪かったりする。
しかも、延々4時間とかアタックしてきたりする。

で、とりあえずは

 SSHピンポンダッシュを防ぎたい
 http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0541.html

を参考に、
まず cp

 /etc/ssh/sshd_config.org

編集して、kill

#ps aux | grep sshd
#kill -9 [pid]

起動

#/etc/sbin/sshd

終了。

以下参考

http://search.luky.org/linux-users.a/msg04927.html



サルベージ再び (knoppix)


icon
icon
前回、サルベージした係長のマシン(前回のマシンとは別)が起動しない。



今度のマシンはWindowsXPでNTFSだったりする。



NTFSフォーマットのマシンのデータをLinuxで操るのは難しいという情報を以前に見てはいたけど、係長たってのお願いで再度Knoppixでデータのサルベージを試みた。



今回使用したKnoppix3.7



最新のものは4.0というのが出ているけど、日本語バージョンではDVD版しかリリースされておらず、また3.9のCD版もダウンロードできそうにないので、過去に念のために落としておいた3.7のISOファイルからCDを作成するところからはじめる。



起動しないマシンの状態は、通常、電源を入れた直後に表示されるメーカーのロゴが表示されず、システムチェックのメッセージが一瞬表示された後、アンダーバー「 _ 」がチカチカと点滅する状態で止まってしまう。



まず、マシンから付属品と増設したメモリ、バッテリーをはずしてクーラーの近くで少し冷やし起動してみると、Windowsの「ご迷惑をおかけします」とか何とか言うメッセージが表示されるようになった。



なんだかようわからんが、Biosの画面にも入れるので、bootオプションをいぢることにする。



このマシン、NECの企業向けのノートPCだがフロッピードライブがついていない。ついていないのでbootオプションはCD-ROMドライブが1stとなっていた。ここで、Bios日付が2004年の1月1日になっていることに気がつく。



焼きあがったknoppixのCD-ROMをドライブに入れ起動すると、



Looking for CD-ROM in : /dev/scd0



というメッセージが表示された後から進んでいかない。



CDを焼き損じたかと思い、3.4のCDを焼いて再度チャレンジするも同じメッセージから進んでいかない状態。



そこで、knoppixのbootオプションを、



boot : failsafe



に変更してやると一応起動。

ただ、データをUSBのMOにサルベージしようと思って繋げておいたのだが、MOを認識しない状態。



ここからどうやってデータを出すかなーと考えていると、



Kメニューから、KNOPPIX → Network / Internet → ネットワークカードの設定 を開いてOKをなんとなく押すとDHCPサーバよりアドレスもいただけた。



さらに、

Kメニューから、KNOPPIX → Service → Start Samba Server とやってみるとSambaServerが起動。

そのままWindowsのWorkgroupのネットワークに表示されマウントされたHDDにも容易にアクセスできる状態となった。



そこで、自分が使っているWindowsXPからユーザー名をknoppix(パスワードは空欄)にして別のこちらのディスクにデータをコピーした。



サルベージは完了。



次はWindowsが起動しないマシンを再インストールすることに。



このNECのマシンはハードディスク内に再インストールに必要なデータを持っているので、マシンの起動時にF11を押すとそのデータから再インストールが可能となっていてとっても便利(再インストール後のセットアップはとっても面倒くさいが)。



小一時間ほどで再インストールが完了するが、またしてもWindowsが起動しない。

はじめに表示されたアンダーバー「 _ 」の状態で止まってしまうのだ。



ハードディスクがいかれてんのかなぁ?!



とも思ったが、knoppixで起動してデータはコピーできた。



データはコピーできた!



ここで気がついた。



電源を入れなおし、再度Biosのユーティリティを表示させる。



そして特に変更したわけではないけれど、Biosのデフォルトを呼び出すし保存。



再起動。



なんなく、NECのロゴが表示され、Windowsが起動される!!!



Biosか・・・。



すべてはBiosが・・・。



実は再インストールしなくて(ry



むなしい気持ちでセットアップを夕方までしたのでした。





再インストールといえばこれ!





ee (Easy Editor)

いまだLinux初心者のワタクシ。
先日、古いマシンを手に入れたのでFreeBSDなどインストールしてみました。
まだ基本的な設定を済ますことが出来ずに苦しんでますが(笑)

そんなワタクシ。
Linux(Unix)の標準的なエディタであります「vi」 にいまだ慣れる事ができませぬ。
それほど頻繁に使用しないということも原因ではありますが・・・。

Unixのエディタはどれも難しそうですが、そんなワタクシでも使えそうなエディタにFreeBSDインストール時に出会うことが出来たのです。

その名も「 ee 」。

えー。

えーえー。

いーいー。

(・∀・)イイッ!

呼び名はよくわかりませぬが、
ee = Easy Editor
でありますから、学力に貧しいワタクシでもviよりは使えそうです。
そこで、いつも(たまに)使っているRedhat9でも「ee」が使いたくてインストールしてみました。

まずは、ダウンロード。

[root@server root]# wget http://www.users.qwest.net/~hmahon/sources/ee-1.4.2.src.tgz
--16:49:38-- http://www.users.qwest.net/%7Ehmahon/sources/ee-1.4.2.src.tgz
=> `ee-1.4.2.src.tgz'
www.users.qwest.net をDNSに問いあわせています... 完了しました。
www.users.qwest.net[204.147.80.67]:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 69,487 [application/x-tar]
100%[====================================================================================>] 69,487 95.58K/s ETA 00:00
16:50:02 (95.58 KB/s) - `ee-1.4.2.src.tgz' を保存しました [69487/69487]
[root@server root]#

次に解凍。

[root@server root]# tar -xzvf ee-1.4.2.src.tgz
easyedit/Artistic
easyedit/Makefile
easyedit/README.ee
easyedit/create.make
easyedit/ee.1
easyedit/ee.c
easyedit/ee.i18n.guide
easyedit/ee.msg
easyedit/genstr
easyedit/make.default
easyedit/new_curse.c
easyedit/new_curse.h
[root@server root]#

ディレクトリに移って、make して make install

[root@server root]# cd easyedit
[root@server easyedit]# make
Generating make.local
make -f make.local
make[1]: 入ります ディレクトリ `/root/easyedit'
cc -c ee.c -DSYS5 -DCAP -DBSD_SELECT -DNCURSE -DHAS_UNISTD -DHAS_STDLIB -DHAS_CTYPE -DHAS_SYS_IOCTL -DHAS_SYS_WAIT -DSLCT_HDR -s
cc new_curse.c -c -DSYS5 -DCAP -DBSD_SELECT -DNCURSE -DHAS_UNISTD -DHAS_STDLIB -DHAS_CTYPE -DHAS_SYS_IOCTL -DHAS_SYS_WAIT -DSLCT_HDR -s
cc -o ee ee.o new_curse.o -DHAS_UNISTD -DHAS_STDLIB -DHAS_CTYPE -DHAS_SYS_IOCTL -DHAS_SYS_WAIT -DSLCT_HDR -s
make[1]: 出ます ディレクトリ `/root/easyedit'
[root@server easyedit]# make install
cp ee /usr/local/bin/ee
cp ee.1 /usr/local/man/man1/ee.1
[root@server easyedit]#

特に、(よくわからなかったので)そのままmakeしてインストールしてしまいましたが、無事起動することができました。
もう編集中に不意に改行したり、一文字削除したりしないで済みそうです(笑)

ところで、
なんか、ee の友達?の aee というのもあるようですね。

いらんことを (apt-get)

今日、なんとなく思い出して apt-get update をした。

そして、なにげに upgrade してしまったがために、Samba を再インストールする羽目に陥る。

だって、Swat のファイルを勝手に消しちまうんだモノ。

半日かかってしまいました。

そして今、PHP と MySQL がインストールできなくて困っています。

Linux は難しいなぁ。

Apache も再インストールだな。

ハードディスク増設(1)
(7bays)

先日、Linuxでサーバとして使っているマシンのメモリとハードディスクを増設した。

マシンはけっこう古いが、富士通の「GRANPOWER 5000 Model 180」という一応はサーバのマシンである。

構成的には、

CPU : Pentium? 350MHz
MEM : 128MB
HDD : 4GB

とサーバとしては非情にさびしい構成である。(これでも入れた時には50万円以上したのだがなぁ)

しかしこのマシンの説明書によると、7つのベイを持ちハードディスクを最大で4台搭載できるのだからやはり一応はサーバなのである。

んなわけで、これに余っていたバルク品の128MBメモリとSCSIハードディスクは手持ちが無いので、3台の6GBのIDEハードディスクを増設することにしたのだ。ちなみにこのIDEハードディスクは、システムの入替えでそのまま廃棄する予定だったWindows95が動いていたPCから頂いてきたものである。

まず、サーバの蓋を開ける。すごい塵と埃だ。

メモリスロットを確認すると、3つのスロットに64MBのメモリが2枚既に刺さっていて空きは1枚分。ここに128MBのメモリを挿せば合計256MBで一般的なPCのメモリ量になる。たんなるファイルサーバなのでこれだけあれば充分だろうと思った。

次に、ドライブを確認するとフロント側に5インチベイが3つあり、ひとつはCD-ROMドライブで2台分の空きがある。その下に、3.5インチベイが2つあり、ひとつはFDD、もうひとつは3.5インチのIDEハードディスクが入っている。
7つのベイのうち、あと2つのベイはPCIスロットの反対側にあり、ベイというよりはハードディスクを固定するための鉄板といった感じである。ここで気が付いたのだが、この鉄板にハードディスクを付けるためには専用のネジが必要らしく、説明書によるとマシンに付属していたらしいのだがそんなものはすでに無い
さらに、説明書をよく読むとIDEハードディスクの増設は1台のみ、しかもPCIスロットの反対側の鉄板に取り付けろとのコト。5インチベイにはSCSIハードディスクを載っけろという記載もある。

なんだ!ハードディスク増設できないぢゃねえか!とは思ってみたものの、まあ動くだろうと判断して空いている2つの5インチベイに6GBのIDEハードディスクを付けることにした。

(つづく)

ある事務所で、この手のサーバマシンの前面に蛍光系のマジックペンで「ハードデスク」と書いてあったのを思い出す今日この頃。

サルベージ (KNOPPIX)

Windowsが全く起動しないマシンが持ち込まれた。

どうもシステムファイルぶっ壊れているようだ。

これは、再インストールしかないように思うがデータだけはサルベージしたい。

依頼人の係長は孫の写真を失いたくないのだ。

そこで、今回は「KNOPPIX Linux」を使ってデータを別のハードディスクへサルベージすることにした。

KNOPPIXのCDをドライブへ挿入し、電源を入れるとブートオプションを選択することなく起動した。

こりゃ楽。

エラーが出ることもなく無事にKNOPPIXが起動したので、次にドライブをマウントする。
マウントするといっても、デスクトップのアイコンをクリックするだけなのだが・・・。

マウントが完了すると、無事(?)ドライブの中を見ることが出来た。

今回のマシンはOSがWindows98で、外付けのUSBハードディスクがあるのでそこにCドライブのデータをコピーすることにする。

KNOPPIXで普通にドライブをマウントしても、リードオンリー状態なので一度マウントを解除する。
ドライブアイコンを右クリックで「マウント解除」を選ぶだけだが・・・。

次に、ドライブアイコンを右クリックして「プロパティ」を開き、「リードオンリー」のチェックをはずす。
そして、再度ドライブをマウント。

これで、ドライブに書き込みが可能となったので、Cドライブ中の必要なファイルを外付けのハードディスクに移動もしくはコピーしてやる。

これでファイルの救出は完了

次はWindowsの再インストールだ!

めんどくせー・・・。

でもKNOPPIXって便利!
Windowsが起動しなくなって、ファイルの救出をしたい時はこの方法もよろしいですなー。
ファイルシステムがNTFSだとこう簡単にはいかないみたいだけど・・・。



再インストールといえばこれ!





ディレクトリ圧縮 (tar -czf ..tar.gz)

ディレクトリ[hogehoge]作成。



mkdir hogehoge



ディレクトリ[hogehoge]にファイル名が「honge」ではじまるCSVファイルをまとめて移動。



mv honge*.csv hogehoge



ディレクトリ[hogehoge]を圧縮。ファイル名は[hogera.tar.gz]



tar -czf hogera.tar.gz hogehoge



ディレクトリ[hogehoge]を削除。



rm -r hogehoge



以上。



tar のオプション

-c, --create

              新しいアーカイブを作成する



-z, --gzip, --ungzip

              アーカイブをgzipにフィルターする



-f, --file [HOSTNAME:]F

              Fというアーカイブ・ファイルまたはデバイスを使う(デフォルトは/dev/rmt0)

****





不正アクセス (Bad Communication)

最近、不正アクセスが多い。
ver/log/message に残るIPから韓国、中国といった国からであるのがわかるので何とかしたいと思う。

そこで、etc/hosts ファイルで弾けばよいということがなんとなくわかったので設定しようと考えているのだが、いかんせん設定を間違えて自分も(ホスティング)サーバに接続できなくなってしまったらどうしようという不安があり、いまだ手を出せずにいる。

はっきり言って、自分の知識のなさが身にしみる今日この頃。
最初は、Httpd.conf の deny で設定をしようとしていたのだから・・・・。

あー頭痛い。
頭が働かん。
薬のせいじゃろうか・・・。

イヤイヤ、薬のせいにしてはいけませんね。

etc/hosts

ALL : China IP Address : deny
ALL : Korea IP Address : deny
ALL : .sample.cn : deny
ALL : .sample.kr : deny
ALL : ALL : allow

てな感じでよいのかなぁ。
英語のManページが読めんのがイタイなぁ。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

(´・ω・)<あまぞーん

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 民主党最強のブーメラン使い。鳩山首相の長男を襲う(笑)
    ecco mens shoes
  • "hoge.xlsx"を"DL"したら"hoge.zip"になった件
    stussy clothing
  • 定山渓熊牧場の羆があれから約1年で半分くらいになっちゃったみたいなんですけどね。
    茉里ママ
  • 定山渓熊牧場の羆があれから約1年で半分くらいになっちゃったみたいなんですけどね。
    茉里ママ
  • 定山渓熊牧場の羆があれから約1年で半分くらいになっちゃったみたいなんですけどね。
    AGGY
  • 定山渓熊牧場の羆があれから約1年で半分くらいになっちゃったみたいなんですけどね。
    名無し
  • 定山渓熊牧場の羆があれから約1年で半分くらいになっちゃったみたいなんですけどね。
    第一書記
  • 最近「定山渓クマ牧場」が気になっているのだが
    AGGY
  • 最近「定山渓クマ牧場」が気になっているのだが
    鷹氏
  • アメブロの改行がやたらと多い理由をいまごろ知ったよ。
    RIP

recent trackback

recommend

CYBER・D端子ケーブル(Wii用)
CYBER・D端子ケーブル(Wii用) (JUGEMレビュー »)

価格も安くてクッキリ画質。すべてのWiiユーザーにオススメ。

recommend

僕の私の塊魂 PSP the Best
僕の私の塊魂 PSP the Best (JUGEMレビュー »)

ミュージックもステキです。

recommend

パタポン2 ドンチャカ ♪
パタポン2 ドンチャカ ♪ (JUGEMレビュー »)

中毒性アリ。イージーモードならリズム感それほど必要ナシ。

recommend

ドラゴンクエストIX 星空の守り人
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 (JUGEMレビュー »)

ロシアでもすれ違い通信が出来るのだろうか?

recommend

recommend

トップをねらえ! Vol.1
トップをねらえ! Vol.1 (JUGEMレビュー »)

主人公はノリコ。主題歌は酒井法子。主題歌の人はともかく作品は必見です。

recommend

recommend

recommend

コンティニューvol.50
コンティニューvol.50 (JUGEMレビュー »)
鶴巻 和哉,貞本 義行,中村 佑介,仲村 みう,谷口 悟朗

recommend

Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]
Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

メガネ美人はかわいさ2割り増し。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM